Startseite
  Über...
  Archiv
  Gästebuch
  Kontakt
  Abonnieren
 

Letztes Feedback


http://myblog.de/okokabcd

Gratis bloggen bei
myblog.de





 
あなたの記憶に残る男性柔$

で言えばロナとの交渉も僕にしては合格だったと思う。  今回の一件の報告の後、ロナは当然の様に用事が済んだから学園を去る事になった。学園からカレン=フォルスがいなくなる訳だ。僕の講義が七人になるけど、まあそこは良い。夏休み中に書類上も退学と言う扱いになるよう処理すると言っていた。元々死人であったカレンだ。ロナは素直に死亡による退学にする心算だったけど、残る生徒の事を考えて僕が死亡による、の部分を消してもらうように頼んだ。ロナも別に拘らないのか学園への届けは僕の希望に沿ってくれると約束してくれた。 ベスト メンズ 「そんな事なら別に問題無いわ。フスク王国の記録では死んだ事にさせてもらうけどね。そうしないと疑惑を持つ者も出てくるから。でも、折角だから少し話をさせてくれる?」  ロナは代償を求めないような口振りながらしっかりと交換条件を出してくる。話を聞く位なら何の損害も無いし、僕に魅了や半端な薬物は効かないから彼女の申し出に頷いた。 「ここ数日、貴方の所の諜報員と一緒に活動したんだけどね。まあ、お綺麗な連中だわ。優秀だけど、その能力を活かせて無い。本来なら必要な感情や考えだと思うけど、情報を集め目的を水面下で達成する諜報の世界では道徳や倫理は邪魔よ。それが商会の利益になるなら非道な手段も選択肢に入れさせるのね」 「ご忠告感謝します」 「それと、貴方が亜人に分け隔て無いって言うのは本当みたいね。店員と言い、諜報員と言い種族自体に拘りを持つ者は本当にいなかった。私が見てきた中で貴方は最高のヒューマンよ。もし貴方が望むなら魔王様への謁見さえ考えてあげられるほど」 「今を時めく魔王様に? 嬉しいですね、いずれ是非」 「だけど。あの褐色の亜人二人と貴方の従者の識。あれは貴方に害を成す存在よ。これは、私が貴方を気に入ったからしてあげる純粋な好意からの忠告。近いうちに手を切りなさい」ダウン ブランド 「アクアにエリス、それに識が? 三人とも僕に良く仕えてくれていますけど?」  何が純粋な忠告なのか。ロナは僕に身内への疑心を与えておきたいのかな。 「貴方は知らないでしょうけど、あの二人は森鬼と言う凶悪な亜人よ。その戦闘能力から魔王軍に招こうとする意見もあったんだけど、誰かの下に付くと言う事が我慢できない種族のようね。見事に破談になったわ。多分、ツィーゲに紛れ込んでクズノハ商会と接触したんでしょうけど、いつか必ず裏切るわよ。それから識。あの識って男自体は貴方の信頼出来る従者なんでしょうけど、彼は憑かれているわ。森鬼と一緒にいたのを見て、私もやっと気付けたんだけど」 「森鬼。それに識が憑かれている?」  ああ、なるほど。この人識の正体に気付いたようで、微妙に勘違いをしているんだなと悟った。 「名前は不明なんだけど、ヒューマンにも魔族にもつかないリッチにね。リッチは本来憑依の類は使えないんだけど、あいつは使えてね。気まぐれに誰かに憑いては実験と称して非道な真似をする奴よ。魔族ではラルヴァと呼んでいたわ。いくらクズノハ商会の情報網でも私の事まできっちり知っているなんてどう考えてもおかしいと思っていたけど、ラルヴァが憑依した人物がいたなら話は別。私も彼には何度か会った事があるし、敵対した事も手を組んだ事もある。確実に言える事は、絶対に信用できないって一点だけね。……亜人に懐が深いのは私たち魔族の目から見て凄く素敵な事よ。だからライドウ、彼らに気をつけなさい。もしも魔族の力を借りてでも何とかしたい事があれば連絡なさい。この紙に書いた詠唱で念話を使えば、私に直通で連絡が付けられるから。 http://www.tycy6.com
17.9.13 10:57
 


Werbung


bisher 0 Kommentar(e)     TrackBack-URL

Name:
Email:
Website:
E-Mail bei weiteren Kommentaren
Informationen speichern (Cookie)



 Smileys einfügen



Verantwortlich für die Inhalte ist der Autor. Dein kostenloses Blog bei myblog.de! Datenschutzerklärung
Werbung